2016年01月21日

定番の店名のぼりも季節ごとに衣替え

お店の存在をアピールするのぼりは、季節ごとに衣替えをすることをお勧めします。


定番の店名のぼりは、長く使えるものだけに色あせや、傷みが気になるものです。

外に置いておくものなので、雨や風にさらされたり、太陽の光に当たったりと劣化しやすいものです。


季節ごとに交換し、いつもきれいな物を使うことで、お店のイメージを守ります。

また、季節商品ののぼりは、お客様に季節の訪れを伝え、楽しみにしている人も多くいるものです。


毎年使えそうに思いますが、新しい物を使い、いつも新鮮なイメージでお客様にお知らせする気持ちで、新しいものに変えて用意しておくと、気持ち良く使うことができるのでおすすめです。


たくさんあるのぼりを取り換えるのは大変に思えるかもしれませんが、簡単に付け替えることができるのがのぼりの良いところです。

こまめに付け替えて、いつもきれいなのぼりを使用していると、お店のイメージもクリーンに保てますし、お店の雰囲気を盛り上げるためにも効果的です。


sponsored link
posted by 東京と大阪のスタッフ at 20:38 | Comment(0) | のぼり旗について

2015年10月28日

注意点を守ってのぼりのデータは入稿しよう

のぼりを作成するときには、データを入稿することでオリジナルデザインにすることが可能です。


ほかとは違うのぼりでアピールしたいなら、オリジナルデザインにするべきでしょう。


しかしデータを業者に入稿するときは、いくつかの注意点があります。
注意点を守らずデータに不備があると、もう一度データを入稿しなければいけません。

そのため、のぼりの完成までに余計な時間が掛ります。


スピードを重視してのぼりを作成するなら、データを作るときに必ず注意点を守ってください。

注意点については、業者の公式サイトに掲載されています。


業者ごとに若干の違いもあるので、必ず一度は目を通しましょう。
注意点を守っていれば、スムーズにのぼりを作成できます。


sponsored link
タグ:入稿 のぼり
posted by 東京と大阪のスタッフ at 20:54 | Comment(0) | のぼり旗について